【ビール感想】ロシュフォール6 ベルギーの濃厚トラピストビール。飲みやすくておすすめ。-Rochefort 6-

   

実際に飲んだビールの感想、評価を自分のメモも兼ねてまとめております!今日のレビューはベルギービールのロシュフォール6 -Rochefort 6-です。


ロシュフォール6 -Rochefort 6-

【ステータス】

ベルギー トラピストビール

色:赤ブラウン

さっぱり ★★★★☆ 濃厚

甘さ   ★★★★☆

酸味        ★★☆☆☆

苦さ   ★★★☆☆

まろやかさ★★★★☆

おすすめ度★★★★★

アルコール度数:7.5

価格: 330ml

【コメント】

ベルギーの修道院で作られるトラピストビール。ロシュフォールシリーズは6.8.10と数字が付けられており、数字が大きくなればなるほどアルコール度数も上がります。

このロシュフォール6はシリーズの中ではもっともアルコールの控えめなものですが、6といいつつ実は7.5%だったりします。意外と強いです。

味はというと、意外と最も強い10番と変わらない気がします。とても濃厚でまろやかな印象は同じイメージ。苦味が若干少ない気はします。多くの種類のベルギービールを攻めたい人は6番、とにかく濃厚でキツいビールを一発飲みたい人は10番を飲むといいかも。

なおこのビール、裏に書いてありますが飲み頃の温度は12-14℃です。日本のピルスナーはキンキンに冷やして飲むなが当たり前ですが、このような違いも楽しいですね。常温だとまろやかさと甘さが引き立ちますので是非ご賞味頂くといいと思います!おすすめ!

 - ビール図鑑 ,