【ビール感想】グリンベルゲン ブロンド   アルコールのわりにすっきり目の飲みやすいベルギービール -GRIMBERGEN-

   

実際に飲んだビールの感想、評価を自分のメモも兼ねてまとめております!今日のレビューはベルギービールのグリンベルゲン ブロンド -GRIMBERGEN-です。


グリンベルゲン ブロンド -GRIMBERGEN BLOND-

【ステータス】

ベルギービール

色:澄んだ金色

すっきりした少し酸味のある飲みやすいビール

さっぱり ★☆☆☆☆ 濃厚

甘さ   ★★☆☆☆

酸味         ★★★★☆

苦さ   ★★★☆☆

まろやかさ★★☆☆☆

おすすめ度★★★☆☆

アルコール度数:6.5%

価格: 330ml 1.3ユーロくらい(ベルギースーパー)

【コメント】

アルコールは6.7%とわりと高めなのですが、全然強さを感じないすっきりとした飲み口のビール。グリムベルゲンとも書くようです。

味は若干ながら酸っぱさが目立つ感じですが、さほど酸っぱさは強くなくかなり飲みやすいです。甘みや苦味は抑えめなイメージ。

アルコール度数が高めで味が濃厚なベルギービールにおいては強いわりにさっぱりという少し珍しい(?)ビール。

元はグリンベルゲンというベルギーの修道院で醸造されていたもの。それを民間企業が作っているビールをアビイビールと呼びます。

アビイビールを一括りで考えると個人的には正直レフなどの方がおすすめしたいです。

すっきり系で考えると非常に有名ですがヒューガルデンが上手でしょうか。

アルコール強めですっきりを求めてるひとにはおすすめです。

 - ビール図鑑